『ナバロンの要塞』の動画を無料で見られる動画配信情報まとめ

公開:1961年 | 制作:アメリカ

キャスト・スタッフ

出演(キース・マロリー大尉)グレゴリー・ペック
(ミラー伍長)デヴィッド・ニーヴン
(アンドレア・スタブロス大佐)アンソニー・クイン
(ブラウン無線兵)スタンリー・ベイカー
(フランクリン少佐)アンソニー・クエイル
(パパディモス一等兵)ジェームズ・ダーレン
(マリア)イレーネ・パパス
(アンナ)ジア・スカラ
ブライアン・フォーブス
ウォルター・ゴテル
監督J・リー・トンプソン
原作アリステア・マクリーン
音楽ディミトリ・ティオムキン
脚本カール・フォアマン
製作カール・フォアマン

見どころ/ストーリー紹介

第2次大戦下におけるエーゲ海域でのイギリス軍とドイツ軍の戦いを描いた冒険娯楽大作
重厚な演出と豪華俳優陣が絶妙にマッチした、J・リー・トンプソン監督の最高傑作。連続する危機を切り抜けながら作戦を遂行する特殊部隊メンバーの人間模様も丁寧に描写。
ギリシャのナバロン島に設置されたドイツ軍の2門の大砲を破壊するため、6人のメンバーからなる特殊部隊が結成された。イギリス駆逐艦がここを通過するまでに、その大砲を破壊するのが使命だ。部隊は海からナバロン島の絶壁を登る作戦を決行する。

『ナバロンの要塞』を無料でフルに動画を観る方法!

『ナバロンの要塞』を楽しかったのでもう一回観たい方や、見逃してしまった方の為にこれから無料で動画をフル視聴できる方法を説明していきます。
『ナバロンの要塞』はU-NEXT(ユーネクスト)でフル動画配信されています。
U-NEXTは初回限定で31日間無料キャンペーンを実施しています。
無料トライアル申し込みと同時に、600円分のポイントが貰えるので、ポイント使用で有料作品も実質無料で観ることが可能です。
見放題作品は、無料キャンペーンの期間内なら思いっきり動画をフルで観ることが可能です。

この機会に楽しんでみてはどうですか。

U-NEXTのおすすめポイントを紹介!

ユーネクストはスマホやタブレットなどで視聴できる動画のビデオオンデマンドサービスで、豊富なラインナップが魅力となっています。

その動画は見放題のジャンルが14万本以上となっていますし、レンタルのジャンルも3万本以上用意されているのが特徴です。

また漫画や雑誌も読み放題ですので、色々なジャンルを楽しみたいという方にも便利です。

このユーネクストは初回の申込みの方が対象の31日間無料トライアルがありますので、まずお試して見たいという方におすすめです。

無料トライアルは簡単な2ステップで登録可能となり、お客様情報と決済情報を申し込むだけですので、数分もあれば完了します。

トライアル期間ではいつでも解約できますし、有料の最新作も楽しめる600円分のポイントがもらえる点もメリットです

違法アップロードサイトで動画を視聴する危険性はあるのか

違法アップロード動画は「違法動画」と呼ばれており、「PANDORA」や「Dailymotion」、そして「miomio」といった無料動画サイトで視聴できるものは違法性が高い事で知られています。

しかし視聴するだけなら実は罪に問われないのが実際のところです。

これは平成24年7月24日に文化庁が発表しているので確かですが、だからといって危険性がなくなったわけではありません。

あくまで視聴するだけなら問題ないだけで、違法アップロード動画を録画及び録音した場合は著作権を侵害する行為として罪に問われる可能性が高いです。

また投稿者のなかにはアクセスさせる事で個人情報を盗んだりウイルスに感染させたりなど、明確な悪意を持っている者もいるので気を付けなくてはなりません

Youtubeや違法サイトの調査

Youtubeや違法サイトの調査を行うことが非常に重要なポイントとなっています。

最近では誰でも自由に様々な映像を配信することができるようになっていることから、著作権法に違反する映像や倫理的に問題のある映像などを配信するケースも増えているのです

そのためこれらの映像を調査し、適切に取り締まっていく事は様々な面で必要不可欠なことであると考えられます。

Youtubeは特に誰でも自由に投稿をすることができ、またこれによってお金を稼ぐことができると言うメリットもあるため、現在では世界中で非常に多くの人が利用しています。

しかしその中には手っ取り早くお金を稼ぎたいと著作権法に違反する映像なども発信される可能性があるため、注意をしなければなりません

著作権法について

著作権法について調べてみました。

著作権法とは、その名のとおり著作物を保護するための法律です。

保護されるのは著作物を生みだした人物で、その著作者に対して付与される権利を著作権といいます。

制定の理由は、創作の意欲を損なわせずに文化の成長を促すには、著作者の成果を守る必要があることです。ただし、成果のすべてが著作物に該当するわけではありません。

絵や音楽など分野は多岐にわたりますが、他人の模倣でないことが重要な条件となります。

人格権と財産権に大別され、それらごとに詳細な権利が存在するのです。

著作者の了解を得ずに作品を公開することや、名前を知らしめることなども違反に該当するので注意しなければなりません。

著作物を利用したい場合は、この法律にもとづく十分な確認が求められます。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

関連動画(YouTube)

楽天ブックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました